静かな花の山で本を読みたいな。

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日早朝無事帰宅

<<   作成日時 : 2016/07/13 17:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

7月10日(日)朝10時半頃出発・日帰り温泉東和温泉・道の駅東和にて車中泊

7月11日(月)早朝出発・途中道の駅はやちねで朝食・河原の坊登山道の一部が崩落し、通行ができないそうで、小田越コースを往復しました。(河原の坊駐車場→小田越→早池峰山→小田越→河原の坊駐車場)

ハヤチネウスユキソウ

ハヤチネウスユキソウ

下山後、途中道の駅遠野に寄って、五葉山のふもとの五葉温泉へ。ちょうどいい車中泊スポットが見つからず、山の中の赤坂峠登山口へ移動。真っ暗で超こわくて、私はよく眠れませんでした。夫は疲れているし、静かで涼しくて、よく眠れたそうです。外が明るくなって、お日様のありがたみを痛感しました。ただ、トイレが水洗で、なおかつとても清潔でよかったのですが、電気がなく真っ暗だし、道も真っ暗だし、虫もいっぱいだし、トイレへ行くのもこわかったです。

7月12日(火)簡単な朝食後出発。天気予報では朝は曇でしたが、晴れていました。こちらも、赤坂峠から五葉山へのピストンです。五葉山稜線上のハクサンシャクナゲは大きくなれないようですが、逆に花がよく目立ち、一面シャクナゲで、私はこういう景色が好きです。11年ぶりに花付きがよいそうです。

ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲ

どうせお金を使うなら、三陸でと思い、陸前高田「ホタテとワカメの炙りしゃぶしゃぶ御膳」を食べようと、下山後出発しましたが、私が体調不良で何も食べられそうもなく止めました。いつも夫に申し訳ないのですが、車と寒さと疲れで胃にきてしまいます。少しは景色も見ましたが、ほぼ横になっていました。夫は鉄道の線路や駅がそのまま残っているのを見たと言っていました。私は断片的なのですが、走っている道に「ここは津波到達地点です」という標識が何度も出てきて、もしものときにはすぐに逃げるようにということなのかなと思いました。陸前高田復興まちづくり情報館でたくさんの松が流されてしまった写真を見て、だから奇跡の一本松なんだとわかりました。ここでは巨大な堤防の工事をしていました。一般道を相馬まで走りましたが、仙台空港手前では、かさ上げ道路の工事中で、高いところの道を走っていたときに「避難者に注意」という標識があったので、これは堤防と避難場所を兼ねたものなのかと思ったり、相馬から入った常磐道には放射能の数値計がいくつも出てきたり、たまたまラジオで南相馬のニュースをやっていたり、震災も原発事故もまだまだ終わっていないのだと感じる旅でした。

道の駅高田松原

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本日早朝無事帰宅 静かな花の山で本を読みたいな。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる